遮熱対策として | 快適な住宅で豊かな暮らしを支えてくれるモノに注目

快適な住宅で豊かな暮らしを支えてくれるモノに注目

様々な住宅

遮熱対策として

室内の快適性アップに欠かせない窓ガラスの遮熱対策

住まいの窓は、開けている間は風の通り道となりますが、閉めていても家の中と外を通るものがあります。1つは光、そしてもう1つは熱です。とある統計によれば、夏場に室内の温度を上昇させる熱の約7割は窓から入って来て、冬場に室内から逃れていく熱の約半分は窓から出て行くとされています。室内の冷暖房を効率よく稼働させ、快適な室内空間を維持するには窓の遮熱対策が重要なのです。 窓の遮熱性を高めるにはサッシを二重にする、複層ガラスという窓ガラス自体が二重になったものを取り付けるといった方法がありますが、いずれも大がかりな工事が必要で、費用もかさみます。 そんな中、低コストで高い効果を上げられると評判なのが窓ガラスコーティングです。

低コストで、工事も簡単

窓ガラスコーティングとは、コート剤という赤外線をカットする性能を持つ特殊な薬剤を窓ガラスに塗布することをいいます。専門業者に依頼した場合、価格は1平方メートルあたり10,000〜12,000円程度が平均的な工事価格です。 コーティングを施した窓ガラスは夏場は外からの熱を遮断し、冬場は室内の熱を逃がしません。家じゅうの窓をすべてコーティングすると、室内温度は2〜4度ほど変わると言われています。その分熱効率が高まり、エアコンの消費電力を下げることができます。 工事も非常に簡単です。塗って1時間もしないうちに表面が乾きはじめ、2日ほどでほぼ完全に硬化します。簡単に剥がれることもなく、10年程度は効果が持続します。

Copyright© 2015 快適な住宅で豊かな暮らしを支えてくれるモノに注目All Rights Reserved.